2017年04月28日

中津・わが街 Part4

はいはいはい、長らくのご無沙汰でした。

「中津・わが街」が帰ってまいりましたよ。

じつは、今日紹介するカフェは、ずいぶん前に見つけたところです。
散歩していたら、以前はデザイン事務所だったところが、
いつの間にかガラス張りのオシャレなカフェになっていたんですよ。

「うわー、これは紹介せねばなぁー」
と思いつつ、なんということもなしに、つい後回しになってしまっていたという・・・

でも、かなり異色なお店で、好きな人にとってはたまらんお店だと
思います。

その名も「Raw 8 Cafe」(ローハチカフェ)

IMG_3773.JPG

で、このお店なんですが、どう異色かというと・・・

まず、ブームとは言え、日本には、そして大阪にはまだまだ珍しい
ヴィーガンの方でも安心して食べられるものや、ローフードばかりを
取り揃えたお店なんです。

さらに、パンやデザートなども、グルテンフリーのものを
扱っていますので、そういう意味でも貴重。

ぼくが食事をしている時にも、小麦アレルギーとおぼしきお客さんが
「小麦を使っていないパンを売っているお店、大阪にありませんかねぇ」と
店員さんに尋ねていました。

ぼくはヴィーガンでもベジタリアンでもないですし、
小麦だってがんがん食べますが、正直、ちょっと興味本位で
カレープレートを食べて見ました。

IMG_3774.JPG

こんな感じです。

ルーの左側にあるのは、五穀米(だと思う)。

うん、まぁ美味しかったですが、これで1,200円。

なんでもガツガツ食べるぼくからすれば、
ちょっとコスパ高めかなぁ。

正直、これだったら、他の店の脂ギトギトのカレー食べるよ、と
思ったりしてしまいました(笑)

とはいえ、テーブルの上には、ブルーボトルが置いてあったりして、
飲料水がブルーソーラーウォーター、というところにも
オーナーの体のみならず、心に対する健康へのこだわりも感じられ、
なかなか素敵でした。

IMG_3775.JPG

ヴィーガン、あるいはベジタリアンで、外食の度にお店に困る人、
そこまで行かなくても、菜食やローフードに関心のある人、
マクロビなど、食に関心のある人、
グルテンフリーを実践しているけれど、カフェでスイーツも食べたい人、
そもそも、小麦アレルギーで小麦が食べられない人、

などにとっては、とても重宝するお店ではないでしょうか。

こういうお店が突然出来ていたりするのも、
中津という街の面白いところだったりするのです。







posted by 和矢 at 02:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする