2016年03月19日

よいこの毒草入門・2 福寿草

こんにちは。1ヶ月ぶりの「よいこの毒草入門」です。

今回は、冬の花、ということで「福寿草」を
取り上げてみたいと思います。

「福寿草」というと、お正月に床の間に飾ったり、
松や梅と寄せ植えにして玄関に飾ったりするおめでたい花ですね。
「難を転じる」という「南天」とセットで、
「難を転じて福となす」と、縁起ものの飾りにされたりもします。

なんてったって名前からして「福」で「寿」な「草」なんですから、
めでたくないはずがありません。めでたさ炸裂です。

また、田舎の山なんかにも自生しており、
雪の下からひょこっと黄色い花を覗かせる様は、
可憐な美しさとともに、たくましさをも感じさせますね。

fuk2.jpg

かの小林一茶もその姿を「大雪を かぶつて立や 福寿草」と詠んでいます。

この福寿草、学名というか英語では ADONIS と言います。

ちょっと話がそれますが、アドニスというと、
ギリシア神話に登場する美少年の名前ですね。
キプロスの女王ミュラが、父親と交わり生まれた子供といわれますから、
近親相姦で生まれたことになりますが、
これはまぁ神話の世界ではよくある話です。

でまぁ、美の女神アフロディーテと冥界の女神ペルセフォネーが
アドニスくんを巡って女の闘いを繰り広げたため、
困ったゼウス神が

「んじゃまぁ一年のうち四ヶ月は地上でアフロディーテと、
あとの四ヶ月は冥界でペルセフォネーと、
そんで残りの四ヶ月は自分の好きなトコで過ごしたらよろし」


というわかったようなわからんようなお裁きを申し渡したと言う、
ま、それくらいの美少年だったわけです。

ちなみに彼の最期はイノシシに突き殺され、
その血からアネモネが咲き、
彼の死をいたんだアフロディーテの涙から薔薇が咲いた、
などとも言われています。

という事は、薔薇よりも福寿草の方が起源は古いのか、
という話になりますが、そんなことわかりません。

福寿草.jpg

で、このおめでたい福寿草なんですが、
草の全体に
 
シマリン、シマロール、アドニトキシン(adonitoxin)、
ソマリンの他、コルコロサイドA、コンバラトキシン、
ストロファンチン、リネオロン、イソリネオロン、アドニライド、
ウンベリフェロン、スコポレチン
 

などなど、様々な有毒成分が含まれています。

特に危険なのはアドニトキシンとシマリンで、
これは直接心臓に作用します。

特に根っこに多く含まれているため注意が必要ですが、
普通根っこを間違って食べるということはあまりないでしょう。

ただ、福寿草の始末の悪いところは、
花の前はフキノトウにそっくり、
花が終わった後の葉っぱはヨモギにそっくり
だということです。

福寿草の花は、2月の旧正月頃から咲き始め、
そろそろ花が終わるころです。

山菜を摘みに行って、葉っぱだけになった福寿草の葉を
ヨモギと間違えて、しこたま摘んで来てしまい、
お浸しにして食べたりしたら、どえらいことになります。

どれくらいどえらいことか、参考までに致死量をあげておきますと、
0.7mg/kgといわれています。
つまり42mgあれば体重 60kgの成人が死亡するワケです。

中毒の仕方としては、まず気分が悪くなって嘔吐し、
ついで心不全で死に至る、というパターンです。

また、植え替えなどの作業中に、粒子を大量に吸い込んでしまっただけでも
軽い悪心や嘔吐などの中毒を起こす事もあるそうですから、
お家で栽培している場合、手袋やマスクをするなど、
くれぐれも注意してかかってください。

間違っても、ヨモギ餅ならぬ福寿草餅なんか作ってはいけませんよ〜!
posted by 和矢 at 00:20| Comment(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: