2016年04月09日

『青の炎』ネタバレあり

ここのところ、「よいこの毒草入門」だとか
「飼いゾンビ日記」だとか、眉をひそめられるような内容の
ものばかりを書いていたので、久し振りに本のレビューなんぞを。

貴志祐介の『青の炎』です。

いきなり話が飛びますが、人との出会いというのは面白いもので、
ぼくと貴志祐介という作家との出会いは、もう十年以上も前のこと。

映画『 ISOLA 十三番目の人格』の原作者として、でした。

ただ、原作を読むには至らずでしたので、正確には名前を知った程度の
出会い方です。

そして、長い年月が経ち、たまたま映画『悪の教典』を観たぼくは、
サイコパスの教師、蓮実聖司、通称ハスミンの虜となり、
「どういう人間が、こんな人物を生み出したのだろう」と
原作を読み、あっという間に貴志祐介のファンになったのです。

というワケで、今回は『青の炎』

7cea2971e9398a15317e7ce6cafdf1c3.jpg

この小説は、『悪の教典』と同じように、犯罪者目線で描かれています。
が、決定的な違いは、主人公が高校生であり、
犯罪の動機が「大切な人を守ること」であることでしょう。

もちろん、彼はサイコパスではありませんから、犯行に至る前の葛藤、
犯行後の後悔、などが、非常にリアルに描かれています。

いまどきの高校生であり、ちょっとばかり生意気で、繊細な主人公には
「忘れていたけど、高校時代って、自分もこんな風にイキってたよな〜」と、
しっとりと感情移入が出来ました。

また、主人公の犯罪の動機が
「大切な人を守り、以前と同じような、平和な生活を取り戻すこと」
であったとしても、いったん犯罪を犯してしまった以上、
たとえその罪が発覚しなかったとしても、
自分自身が以前と同じ人間ではなくなってしまうわけです。

決して以前と同じ生活は戻ってこないんですよ。

主人公自身、それがわかったうえで、それでも犯罪という
手段を選んでしまうところ、余計に切なく感じます。

読んでいる最中に知ったんですが、この作品も
映画化されていたんですね。

51U0YWmiNNL.jpg

青の炎

主役は「嵐」の二宮和也、ニノです。
2003年の作品なので、彼が19歳の頃の映画。

原作を読み終わって、早速観てみたんですが、
これがまたすごく良かったです。

二宮くんの、繊細で、ちょっとすねたような感じが、
主人公にピッタリ。

また、東儀秀樹の音楽も泣かせてくれます。

原作にはない、主人公のモノローグのフェードアウトで
映画は静かに終わります。
この静かな終わり方がねー、切ないんです。

これ以外のラストはないんだろーなーとわかってはいても、
やっぱり切ない。

小説が良ければ映画は見劣りしてしまうケースが多いですが、
この作品に関しては、ぼくは好きです。

雨の日に観るのがいいかな。。。
posted by 和矢 at 03:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: