2016年05月19日

よいこの毒草入門・3 スズラン

先月は一度しかこちらのブログを更新していませんでしたが、
5月は、スズランに関する、とてもロマンチックな風習がある事を
忘れていました。

それにちなんで、今回は「よいこの毒草入門・3」
ということで、スズランを取り上げたいと思います。

冒頭に書いた「ロマンチックな風習」ですが、
イギリスやフランスでは、5月1日が
「ミューゼの祭日(スズランの日)」とされており、
この日に恋人や大切な友人にスズランを贈る風習があるそうです。

日本でスズランと言えば北海道、というイメージがありますが、
最近は自生している物も少なく、花屋さんなんかで売られている物は、
ほとんどがドイツスズランだそうです。

で、このスズランですが、大きな緑の葉に隠れるように、
可憐な白い花を咲かせる、もうとっても可愛いお花ですよね。

その様子から、スズランという名前の他に
「君影草」などというロマンチックな別名もありますし、
海外では「聖母の涙」「谷間の姫百合」などとも呼ばれています。
花言葉も「幸福が訪れる」「純潔」など、とってもロマンチックです。

スズラン(君影草.JPG

まあそんな事はこのコーナーではどうでもいいんですが、
この可憐で美しく、聖母の涙とまで呼ばれるスズランには、
コンバラトキシンやコンボラマリンなどが、
全草にたっぷりと含まれています。

これらの成分は、うっ血性心不全に処方される強心剤に含まれている物で、
強心剤に使われるものです。

強心剤に使われる成分というのは、量を間違えれば命取りになるワケで、
もちろんスズランの成分も例外ではありません。

むかつき、悪寒などから始まり、意識混濁、
そして最悪の場合、心臓が痙攣を起こし死に至ります。

これらの成分は前述のように、全体に渡って含まれているのですが、
特に花と果実に多く含まれています。

が、いくら毒性が強いとはいえ、
スズランの花や実を食べる人はいないでしょうから安心ですね。
でも、鉢植えなどはいいとして、スズランを活ける時は気をつけて下さい。

スズランを活けてあった水を飲んで中毒を起こし、
死んでしまったという事故は決して少なくないのです。

c0190976_0112060.jpg

このように、スズランを綺麗なガラスコップに活けるのは、
見た目も涼しげでいいものですが、
その後、その水だけをテーブルの上に放置しておいたり、
冷蔵庫に入れておいたり、氷を浮かべてみたりするのは事故のもとです。

また、先ほど果実などを食べる事はない、と書きましたが、
スズランの果実は、さくらんぼやベリー系の果実と似ています。

PHOT0000000000128C94_500_0.jpg

さくらんぼなどの中にさりげなく混ぜておいたりすると、
誤って誰かが食べてしまう危険もありますので、
そういう場所に果実を混入するのは絶対にやめましょうね。
posted by 和矢 at 23:02| Comment(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: