2016年07月19日

よいこの毒草入門・4 アサガオ

こんにちは。ほぼ1ヶ月ぶりの「よいこの毒草入門」、
今回は「日本の夏の風物詩」とでもいうべき、
朝顔を取り上げたいと思います。

朝顔というと、初夏から夏にかけて、
下町の裏長屋や、築60年強・木造・風呂なし・トイレ、台所共用、
といったアパートの二階のベランダの物干竿で揺れている、
酒屋さんのロゴ入りタオルの横でよく咲いていた物ですが、
最近はそういう昭和な風景になかなかお目にかかれなくなって寂しい物です。

3832844757869215217.jpg

そんな事はどうでもいいのですが、
まぁ要は、それだけ日本の風景に溶け込んでいると言う事を
言いたかっただけです。

朝顔.jpg

ですがこの朝顔、実は日本の花ではありません。
もとは奈良時代に、中国から薬草として伝来した物なのです。

話はまた逸れますが、「薬草」と「毒草」というのは、
本当に紙一重、と言うか同じ物と言ってもいいくらいで、
第一回目で取り上げたチョウセンアサガオはぜんそくの妙薬ですし、
世界で初めて全身麻酔による乳癌の手術を、
しかも奥さんを実験台にして行った事で有名になった、
華岡青洲が用いた麻酔薬もチョウセンアサガオから作られた物です。

また、二回目で取り上げた福寿草も、強心、利尿作用があります。

で、朝顔にはどういう作用があるのかと言うと、
「瀉下作用」、要は強烈な下剤としての作用です。

そしてその薬効、というか毒性は、種にしかありません。

またまた話が逸れますが、タイなんかでは、
朝顔の葉や茎のフライにレモン汁をかけてバリバリ食べています。
紅葉の天ぷらみたいでさぞ美味しい事でしょう。
俳優の風間トオルは、子どもの頃、極貧で、
公園の石やカマキリなどを食べたりしていたそうですが、
当然アサガオももりもり食べたことがあり、
「紫が一番甘い」と言っておられました。
なんとなくわかるような気がします。
また最近では、ダイエット茶などに朝顔の葉が
ブレンドされているものすらあります。
これがチョウセンアサガオの葉なんかだと、
どえらい事になりそうですねアハハハハ。


・・・朝顔の話に戻ります。

中国から伝来した頃、朝顔は、牽牛子(けんごし)と言われていました。
この名前の由来にも諸説あって、下剤として朝顔の種を
牛に引かせて売り歩いていたからだとか、
朝顔の種で病気を治した人が、お礼に牛を貰って
それを引いて帰ったからだとか言われていますが、
そんな頃の話の真偽などわかろうはずもありませんので
無視して話を進めます。

朝顔の種にはファルビチンと言われる樹脂配糖体が含まれていて、
誤って食べると激しい腹痛とともに、強烈な下痢を起こします。

81601e27.jpg

ではどれくらいの量を食べるとヤバいのかというと、
大人で0.3グラム(約七粒)とのことですが、
よっぽどの間抜けでもない限り、朝顔の種を七粒も食べる事はないでしょう。
多分コレは、脱水症状を起こして「ちょっとヤバいんじゃない ? 」
という程の激しい下痢を引き起こす量だと思います。

とはいえ、少量(一、二粒)でも下痢や腹痛は起こします。

これからの季節、咲き終わった朝顔の種を見かけることも
多くなると思いますが、間違ってもミックスナッツの皿や、
ドライフルーツの入ったシリアルの袋などに
朝顔の種をうっかり混ぜたりしないよう、
注意していただきたいものです。
ラベル:毒草 園芸 小説 朝顔
posted by 和矢 at 04:11| Comment(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: