2015年03月14日

おかえりなさい !

今日、スポーツクラブに行くと、懐かしいスタッフさんがおられました。

その方は、以前、インストラクターとして働いておられ、
ぼくもよくレッスンを受けたりしてお世話になっていたんですが、
昨年、いったん辞められたんですよ。

その後は、世界のあちこちを半年ほど旅行されていたようで、
帰国して落ち着いてから、再び戻って来られたようです。

ただ、インストラクターとしてレッスンは持たずに、
いまはスタッフとしての仕事をされているようです。

でも考えてみたら、ぼくがスポーツクラブに通い出してからの
7年くらいの間に、インストラクターさんは色々変わられました。

7年前から、続けてレッスンを受けているインストラクターさんは、
もうひとりだけです。

インストラクターさんもそうでずが、レッスンを受けていた、
おなじみの顔も、少しずつ少なくなってきました。

ぼくはほとんど他の会員さんと交流がないので、
くわしいことはわかりませんが、転勤だとか、家の事情などで
やめられたり、他の支店に変わったりする方も多いんでしょう。

そういうところで、時の流れを感じたりしてしまいます。

まぁ、最近はぼくも行く時間帯が変わったり、
週に2回くらいしか行かなくなったりしていますから、
いなくなったと思われているかもしれませんが・・・(笑)

posted by 和矢 at 02:25| Comment(0) | スポーツクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

エクササイズあれこれ

今日は、早めにスポーツクラブに行くことが出来たので、
マシンで少し体をあたためた後、格闘技系エクササイズのクラスに参加しました。

思えばこのエクササイズ、ぼくがスポーツクラブに通いだし、
初めて参加したクラスです。

はじめの頃は、キックがまったく出来ませんでしたね。
フロントキック(前蹴り)はなんとかわかったものの、
ラウンドハウス・キック(回し蹴り)、サイドキック、バックキック、
ニーキック(膝蹴り)などなど、次々と出て来る蹴りの種類に、
「えっ、えっ、それナニ ? どーすんの ? 」
と、慌てふためいていた記憶があります。

もちろんパンチだって、日常生活の中では行わない行為ですから(ですよね ? )
ストレートだの、クロスだの、アッパーだの言われたって、
もうワケがわかりません。

でも、なんだかんだとやってるうちに、
「あぁ、こういうことか」
「なるほど、こうすればいいのか」
と、コツがわかって来ると、もう楽しくて楽しくて。

ぼくは特にキック系が好きですね。
ラウンドハウス・キックも、うまく決まれば最高にキモチイイですが、
フロントキックとバックキックを交互に行う、という動きが燃えます(笑)
(コレ、文字で書いてもまったくわかりませんよね)

エアロ系のエクササイズは、ダンスっぽい楽しさがありますが、
格闘技系のエクササイズは、非日常の世界に浸れるという楽しさがあります。
ゾンビ映画の登場人物になったような・・・って、違うか。

posted by 和矢 at 00:14| Comment(0) | スポーツクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

自分のカラダ、意識できてますか ?

最近、年のせいか、体力の衰えをしみじみと感じます。
いやホント、冗談抜きで。

ぼくがスポーツクラブに通いだして、7、8年になると思うんですが、
その頃は、数か月で体が変わっていくのがわかったし、
そうなると面白いですから、ばりばり頑張りました。

当時の日記なんか読み返すと、ほんと恥ずかしいくらい
ムキになってるのがわかりますもん。

日曜日に、ハードなエアロ系のエクササイズ1時間、
その後、続けざまに格闘技系エクササイズ1時間、
そんな生活を、嬉々として毎週毎週していたんです。

でも逆に言えば、それだけ頑張れた、体力があった、って
ことですよね。
今はもうダメです。
1時間なんてとんでもない、30分のクラスでひぃひぃ言ってます。

で、最近は、ヨガのクラスとか、ピラティスのクラスとかに
出没しているんですが、これもまた地味にキツイです。

今日は週に一度しかないピラティスのクラスに参加してきたんですが、
ピラティス、難しいんですよねー。

筋トレもそうですが、フォームを間違えると、
鍛えたい箇所以外の筋肉を使ってしまうので、
しんどいだけで時間のムダ、なんてことになりかねません。

特にピラティスは、普段意識していない箇所を使いますから、
感覚がまったくわからんのですよ。

インストラクターさんは、こともなげに
「肩甲骨を内側に寄せる」
「骨盤を地面と平行にする」
「足の親指と薬指、かかとのど真ん中の3点で地面を押す」
「足の付け根から足を持ち上げる」
「息を吸う時は、あばら骨を開いて持ち上げる
吐く時は、閉じて下げる」
なんて指示を出してきますが、もうハテナマークいっぱい。

あと、四つん這いになった姿勢を鏡で見てみると、
O| ̄|_ こういう状態になっているつもりなのに、
O/ ̄/_ こんな姿勢になっていたり、
細かいことを言うときりがありません。

ただまっすぐに立つ、
背骨を真っ直ぐに伸ばして座る、
骨盤を立てて重心をバランスよく両側にかける、

そんな簡単なことすら、意識しないと出来ないんです。

「普通に」すっと立つ、
まずはそこからだよなーと、
ピラティスのクラスに出る度に思い知らされます。

 
posted by 和矢 at 04:05| Comment(0) | スポーツクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする